風は叫ぶ人の世の哀しみを
星に抱かれた静寂の中で
  胸を開けば燃ゆる 血潮の赫は
  共に混ざりて大いなる流れに
  人は夢見る ゆえにはかなく
  人は夢見る ゆえに生きるもの
  嗚呼 嗚呼 誰も知らない     
      
嗚呼 嗚呼 明日散る花さえも
  固い契り爛漫の花の下
  月を飲み千す宴の
  君は歸らず殘されて伫めば
  肩にあの子の誓いの花吹雪     
      
人は信じて そして破れて
  人は信じて そして生きるもの
  嗚呼 嗚呼 誰も知らない
  嗚呼 嗚呼 明日散る花さえも     
      
国は破れて 城も破れて
  草き枯れても 風は鳴き渡る
  嗚呼 嗚呼 誰も知らない
  嗚呼 嗚呼 風のその姿を
  嗚呼 嗚呼 花が傳える
  嗚呼 嗚呼 風のその姿を

kissinwang 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()